おつまみ枝豆の育て方

■おつまみ枝豆の種子情報

品種:早生えだまめ<マメ科/一年草>
学名:Glycine max
和名:枝豆
原産地:中国東北部
(※生産地、発芽率などは商品に記載しています。)

発芽適温 22℃~27℃
発芽温度 10℃~35℃
生育適温 20℃~25℃
耐寒温度 6℃
耐暑温度 35℃




❶使わなくなったペットボトルまたは瓶をよく洗い、ボトルの9分目ぐらいまでお水を入れてください。
※350ml~500mlサイズがおすすめです。

【POINT】
★ミネラルウォーターは腐りやすいので、水道水をご使用ください。軟水・硬水どちらでも栽培できます。
★グリーントイ本体のメモリGREAT~GOODの間までお水を入れましょう♪
★グリーントイ本体をセットする際、フィルターを一度完全に濡らすことで発芽しやすくなります。
★できるだけ太陽の光が当たる窓辺や栽培用ライトで育てましょう。
★紙や布等でペットボトルにカバーをしましょう。
ペットボトル内を遮光することにより藻の発生を抑えることができます。




❶グリーントイをボトルにセットして、フィルターの上に種の節を下にして1粒まきます。




❶種の上からサンドを入れてください。
※真ん中の線まで入れてください。
❷サンドを入れ終えたら、サンドに水滴をたらしてサンドを湿らせてください。
❸なるべく暗い場所で適温の場所で発芽を待つ
えだまめは発芽するまで暗い場所を好むので発芽するまでは、なるべく暗い場所に
置いて下さい。

【POINT】
★種の乾燥を防ぐ効果がありますが、入れすぎると種が発芽しても芽が出てくるまで時間がかかるので入れすぎNG。




❶約1~3週間で発芽します。
セットしてから数日たつとアップサンドがふっくら盛り上がって来ます。
ふっくら盛り上がったら沢山太陽の光が当たる場所で育ててあげてさい。
(移動させる時はなるべく種が動かないよう、そっと移動をお願いします)
※ふっくらして1 週間程たっても芽が出ない場合はご連絡下さいませ。
❷発芽したら日当たりの良い窓辺や栽培ライトで十分に光を当ててください。

【POINT】
★上手に発芽させるには、なるべく適温の環境で栽培し、本体を動かさないようにしてください。
発芽しないときは余った種でリベンジしよう♪
★発芽した頃に光が足りないと枯れてしまいます。




❶発芽すると子葉の後に本葉がはえます。
❷本葉がはえたら、グリーントイをはずして水の中に付属のハイポネックス微粉肥料をあげてください。
❸肥料の分量は、水500mlに対してスプーンすりきり1~2杯を目安に水によく溶かしてください。

【POINT】
★肥料を与えすぎると肥料過多で枯れることがあります。入れすぎに注意してください。




❶栽培がスタートしたら、1週間に1回程度ボトルの中のお水を新しく入れ替えて、肥料をあげてください。
❷栽培中はよく光に当ててください。

【POINT】
★夏場など室内の気温が高く水が蒸散しやすい時期や、植物が生長し根がよく水を吸う時は、
水枯れしないようにマメにお水を入れ替えてください。
★生長の早さは品種や温度・光量など栽培環境によって大きく異なります。
★植物は生き物なので、育てていることを忘れると枯れてしまいます。




❶えだまめは自家受粉するので、人工授粉の必要はありませんが、
実のつきが悪いときは筆や指先で花を優しく揺らして人工授粉してください。
❷えだまめは約1カ月半くらいから節ごとに花を咲かせて実をつけます。
❸約2~3カ月で収穫できます。

【POINT】
★専用の支柱を使うと、つるを支柱にまきつけて育てられるのでおすすめです。
 竹ひご等をフィルターにさして支柱にすることもできます。
 支柱はこちら
★実がやわらかいうちに収穫するのがコツです。





えだまめの収穫量を増やす裏技

★節を1~5本ほど残して、6本目より上を摘心(てきしん)してください。
摘心したところから枝が分かれて、実のつきかたが倍くらいになります。